男性

早期発見の体制|raidディスクのデータを消失しても復旧可能

修理サービス利用する

会社

レイドのついて知る

パソコン用語にはraid(レイド)というものがあります。これは「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks」と言うものの略です。ハードディスクに関わることであり、ハードディスクを複数連結させて使います。そうすることによって冗長性を確保するというものになるのです。これがraidで単純にハードディスクの容量を増大させる事ができます。容量の大きいハードディスクは販売価格もかなり高いのですが、これは安価なディスクを重ねて使うので費用が少なくて済むのです。raidも使用している時にハードディスク同様故障してしまう場合があります。そういう時は専門業者で復旧してもらいましょう。

壊れた時は注意

raidを修理するときにやってはいけないことがあります。それはリビルドデータの再構築や、ハードディスクの取り外しのほか単体での電源ONなどがそれに該当するのです。またハードディスクの順番交換、raidカードの交換もダメとなります。こうしてしまうと復旧率が大きく下がってしまうので壊れた時はまず修理業者に頼むといいでしょう。修理業者ではパソコンに関するトラブルを解決してくれます。その際にはraid復旧作業も行ってくれるのです。ベテランのスタッフが対応してくれるため、復旧率も非常に高いというメリットがあります。とにかく安全にデータ復旧をしたいのであれば、専門の修理サービスを利用してみるといいでしょう。